2017-04-28

Kakapoのシャツとミミヤマミシンの帽子展

5/11(木)から5/30(火)まで、広島のオリエンタルデザインギャラリーにて
kakapoさんのシャツとミミヤマミシンの帽子の展示販売をさせてもらいます。
kakapoはテキスタイルを作っているブランドで、鮮やかな色と楽しいテキスタイルのテーマが
とても魅力的で、ずらっと並んだシャツは圧巻です。
kakapoのシャツを着てミミヤマの帽子を被ったらかなり出来上がります。
初日には18:30より講演会も!

どうぞよろしくお願いいたします。

オリエンタルデザインギャラリー


2017-04-15

ピアスとイヤリングのワークショップ

5月13日(土)からと6月の毎土曜日は、ピアスとイヤリングのワークショップが開催されます。
毎回違う作家の方がいろんな素材で、特別な1点をつくるアクセサリーワークショップを
行います。
(5/13はワークショップはなく販売のみです。アクセサリーのショップは毎回11:00より
オープンしています。)

5/20(土)  Pupil   (WS 14:00から/先着予約 8名)
5/27(土)  Colorful Banbi  (WS  14:00から16:00/先着予約 10名)
6/3(土)   色糸アソビ  (WS  14:00から/先着予約  12名)
6/10(土)  airoairo (WS  14:00から/先着予約  15名)
6/17(土)  mu-mu (WS  14:00から/先着予約   6名)
6/24(土)  buchi  (WS  14:00から/先着予約  6名)

親子で参加できるワークショップもあるようなので、興味のあるかたはぜひご参加ください。
詳しい内容・お申し込みなど
https://ciyblog.amebaownd.com/pages/890142/page_201703101050






2017-04-14

かわばたてびねり陶芸教室

4/20(木)はかわばたてびねり陶芸教室です。
(13:00から18:00まで)
桜も咲いて散っていきました。
次は土でも捏ねましょう!

参加費は1回4,000円(土代と焼成費を含む)です。
お問い合わせ
かわばたてびねり陶芸教室
Pete-821@docomo.jp


2017-03-15

Poetry shop POETNIK

詩人・写真家の辺口芳典とデザイナーの一野篤によるプロジェクト、POETNIK(ポエトニク)が、
一日限定の「Poetry shop POETNIK」をオープンします。

POETNIKは、辺口芳典の詩を身の回りにある物と組み合わせることで、それらを生活のなかで楽しみ、
共に暮らすことを提案します。
 詩はあらゆる場面に存在します。POETNIK独自の詩と物の関係性は、言葉との新しい付き合い方を
生み出し、詩をより身近なものとして感じるきっかけとなるでしょう。

関西では初の開催となります。お気に入りの詩を見つけに、ぜひお越しください。
また、当日はトークイベント「ことばのかたち vol.2」を行ないますので、こちらも合わせてぜひご参加ください。

詳細は以下のとおりです。



poetry shop POETNIK(ポエトリーショップ ポエトニク)

言葉にコーラを注いでみよう/詩人に電話をかけてみよう/
机の上に詩を転がしてみよう/詩を水平に投げてみよう/詩人に名前をつけてもらおう


トークイベント

「ことばのかたち vol.2」
辺口芳典(詩人)×一野篤(デザイナー)

4月1日(土)18時より(2時間程度を予定しています)
入場料:500円(予約不要)*ドリンク持ち込み自由

ショップ内でトークを行なうため、トーク中はゆっくりと商品を見ていただけない可能性があります。
商品をご覧になる場合は、トーク開始の前にお越しいただくことをお勧めします。



プロフィール

辺口芳典(へんぐち・よしのり)
詩人、写真家。1973年7月26日大阪生まれ。
2000年:Wasteland誌にて作家デビュー。
2001年:詩集「無脊椎動物のスポーツ・メタル」を発行。
2006年:キヤノン写真新世紀優秀賞を受賞。
2010年:大阪にて「黒目画廊」運営開始。
「黒目画廊」では年間250回を超えるトーク・セッション×朗読ギグや個展を立て続けに開催。
Nobodyhurtsから「女男男女女男女女女男女男男女男女女」を出版。
2011年:ドイツ、デュッセルドルフのゲスト・アーティストに選ばれ「ANTI FOTO」展に参加。
2014年:アメリカ、シアトルのChin Music Pressから詩集「Lizard Telepathy Fox Telepathy」を出版。
2015年:シアトル、ビクトリア、ポートランドにて「Double Good Artist in Residence」を行なう。
2017年:edition.nordより写真集「mean」を出版。
http://yoshinorihenguchi.com


一野篤(いちの・あつし)
デザイナー。MOVEBELL SITUATION(ムーブベル・シチュエーション)代表。
1979年5月2日生まれ。京都在住。大学卒業後、独学でデザインを学びはじめる。
少しずつ仕事の領域を広げ、現在はグラフィックデザイン、プロダクトデザインを中心とした
デザインとアートディレクションを行なう。デザイン・プロジェクトrabbit holeでは
「身体」や「想像力」をテーマとしたプロダクトデザインを発表している。
2005年:コクヨデザインアワード2005優秀賞を受賞。
2006年:東京、ATELIER MUJIにて「MUJI AWARD 01展」に参加。
2011–2012年:東京ミッドタウンホールにて「DESIGNTIDE TOKYO」に参加。
2013年:東京、B gallery(BEAMS JAPAN 6F)にてrabbit holeの個展「nowhere」開催。
2014年:青森、十和田市立現代美術館にて「rabbit hole’s Market」開催。
2014年:台湾、CHATEAU de CHINEにて「ART KAOHSIUNG 2014」に参加。
2016年:東京、B gallery(BEAMS JAPAN 5F)にて「poetry shop POETNIK」開催。
www.movebell.com

皆さまぜひお越しください!

2017-03-14

CODOMOアート展

3/23(木)から3/26(日)はCODOMOアート展が開催されます。
(13:00から18:00オープン。最終日は17:00までです。)

「6名のCODOMOアーティストによる、<CODOMOアート>展を開催致します。それぞれのアーティストが表現した世界をお楽しみ下さい。作品、グッズ販売も行っております。是非、ご高覧下さい。」

なにやら楽しげ!
皆さまぜひおこしくださいー。

CODOMODAS
http://2014hp.lamamansoleil.org/codomodus/codomodus-osaka-profile.html

2017-02-25

PSMG 大阪市北区中津3丁目4箇所合同企画 vol.002

3/3(金)から3/19(日)までの金・土・日はPSMG vol,002が開催されます。(13:00から19:00まで)

昨年に引き続き2回目の今回もPANTALOON / SOMA GALLERY / コンタクトゴンゾ事務所 / ミミヤマミシン の4箇所で繰り広げられます。

参加作家は

森 太三 /転用と配列 (PANTALOON)
ニシジマ・アツシ /術の方便 (SOMA GALLERY)
contact Gonzo /「土食べ軍団、中津暴動編」(コンタクトゴンゾ事務所)
廣田 碧・曽田 朋子/超看板  (ミミヤマミシン)

となっております。
距離は近い4箇所ですが、かなり遥かな感じです。

ミミヤマミシンでの超看板は、グラフィックデザイナーで看板屋の廣田碧さんとわたくし曽田朋子がメインになり、建築家の安川雄基さん、デザイナーの加藤正基さんと一緒に「超看板」します。
(説明なってない)

会期中の土曜日(4日・11日・18日)は17時よりBARミシンがオープン。
4日のBARミシンは阿児 つばさの巻です。


みなさまぜひお越しください!


2017-02-16

AKIRA FURUKAWA 2017ss受注会

2/24(金)から2/27(月)は、古河暁さんの2017ss受注会が開催されます。
(13:00から20:00まで)

もう何度目かのミミヤマミシンでの受注会。(数えてないです)
すっかりおなじみ古河さんの今回のコレクションのイメージは
「冬虫夏草」
だそうです。

寄生するヒモみたいなアレですね。とても不思議な生き物です。
何か胸騒ぎが…

みなさまぜひお越しください!