2017-09-21

ミミヤマミシンの照明

照明を作りはじめました。照明器具というよりは、光る遊具 といった感じです。
傘にもなってないものもありますが、眼や空間が楽しいものになれば嬉しいです。
ミミヤマミシンにて販売しています。
お店のインテリアに使ってもらったりもしていく予定です。

ミミヤマショップは毎週金土日の13時から19時までオープンしています。
お問い合わせなどはメールでお願いいたします。
mail@mimiyama-mishin.net

どうぞよろしくお願いします。




2017-09-07

コーポレア

9/16(土)・9/17(日)は、ダンサー/振付家の菊池航くんと私とで「コーポレア」という
状況をつくります。
入場料は1,500円(2ドリンク+スナック菓子)で13:00から19:00までオープン。
15:00からと17:00からの2回、3〜40分のパフォーマンスがあります。入退場は自由です。


「空間は状況だ」という言葉がずっと気になっていて、それはどういうことなのかよくわからないのでいろいろやってみることにしました。

観てる人が演じる人になってたり、置いてあったモノと観てる人が同じになってたりするのを、観てる誰かが気付いたり、演じる人が気付かなかったりしたら面白いなと思います。

私は「状況」っぽいモノ集めと、会期中2日間はずっとBARミシンをオープンしています。
なりすましママを演っていますので遊びにきてください。




・曽田 朋子(そだ ともこ)/糸をミシンで縫い固める方法でつくる立体物は帽子や遊具などになり、用途があったりなかったりする。2014年に参加した「神戸-アジア・コンテンポラリーダンスフェスティバル」をきっかけに動作や身体や服が気になりだし、着ることが動作だけになる「着る遊具」を試案制作中。レンタルスペースとアトリエ兼ショップのミミヤマミシンを運営している。

------------------------------------------
作家や演者など、つくる側によってほぼ全て設定されていると思っていた空間が、
常に変わりゆく状況の一部分だとしたら、そこに居合わせた人はいくらでも状況を替えられるとしたら、それを観る術やそこに居る方法はどれだけほどあるでしょう!
そしてその状況のためにわざわざ「つくる」モノってどんなものでしょうか?
というようなことに詩人の辺口芳典さんが5秒でつけてくれた名前が「コーポレア」です。




・菊池 航(きくち わたる)/近畿大学でダンスを始める。2008年よりダンスカンパニー「淡水」を主宰、振付演出開始。「意味は無いが無駄は無い」作品で、ライブハウスやギャラリー等空間を開拓しつつ主催公演を重ねる。その場にいて、立つことから踊りになる過程を実感しながら、動きとして納得出来るダンスを目指す。桑折現演出「dots」の作品や山下残振付「左京区民族舞踊」などへ出演、東野祥子「ANTIBODIES Collective」メンバー。
------------------------------------------
ダンスするとき一番考える事は「状況」なんです。ここは自分にとってどんなところでどんなことをしているのか。
それを届く範囲より外から意味分からないくらい風通しよく、どこかに放り投げてもらいたい。
だから完成してないです。毎回どうやってもきっと何かが着地させません。
今回、曽田さんもお客さんも自分も変わりゆく「状況」だからです。
そんなしっちゃかめっちゃかな「状況」に、なりに来てください加担して。
あなたもわたしも一緒くたに。




2017-08-17

AKIRA FURUKAWA 2017-18 秋冬コレクション

8/31(木)から9/3(日)まで、古河 暁さんによる秋冬コレクションの展示受注会が開催されます。
(13:00から20:00まで)
今回のテーマは「話すと長くなるのでまとめると、"環世界"です。」
ということです!

古河さんは展示期間中もずっと在廊されていますので、皆さまぜひお越しくださいー。




2017-08-06

ミミヤマ盆休み

週末のミミヤマショップ、8/11・12・13とお盆休みとさせていただきます。
8/18(金)からまた毎週末(13時から19時まで)オープンします。
どうぞよろしくお願いします。
みなさまどうぞ良い夏休みをゆっくりお過ごしください。



2017-07-21

「ニュー・サバーバン・ピクチャー」トークイベントのお知らせ

8/4(金)の19:30よりトークイベント「行かずに語ろうアメリカの町。」が開催されます。
和井内さんからの紹介です。

『行かずに語ろう、アメリカの町。』

今回の展示作品と、期間中に皆さんに書いていただいたストーリーを中心にして、
作家の藤野可織さん、誠光社の堀部篤史さんとともに、実際の町の情報も交えながら、
ざっくばらんにお話をさせていただきます。

登壇者の3名は、阪急中津駅ガード下の居酒屋『いこい』で一杯ひっかけてからお伺いする予定ですので、
アメリカ、そして郊外への愛に溢れた若干蒸し暑いトークになるかと思います。

そしてその蒸し暑さに負けぬよう、京都の坂田焼菓子店さんに、
アイスクリームサンドイッチを作っていただけることになりました。

町外れのドライブインシアターに懐かしい映画を観に行くように、
いつもの格好で気軽に遊びに来ていただけると嬉しいです。

ご予約はこちらからおねがいします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScyCG1xPFKA6KYy-m5qfkDFCUsn8Oj7VHeYUEOdxJjVVsNIMQ/viewform

場所:ミミヤマミシン
参加費:1,200円(ドリンク&アイスクリームサンドイッチ付き)
定員:30名さま


2017-06-22

和井内洋介 個展 「ニュー・サバーバン・ピクチャー」

7/29(土)から8/4(金)まで、和井内洋介さんの個展「ニュー・サバーバン・ピクチャー」
が開催されます。(13:00から19:00まで)

和井内さんからのコメントです。

2011年から撮り続けている、ストリートビューに記録されたアメリカの郊外の写真。
今回は、3,500枚以上の写真の中から、特にお気に入りのものを展示いたします。
誠光社とREADAN DEATでは、作家の藤野可織さんに、それぞれの写真から連想されるエピソードの、書き出し部分だけを用意していただきます。
それ以降のエピソードについては、会場に来ていただいた方々に、思い思いの発想で自由に繋げていただけたらな、と思っています。
ミミヤマミシンでは、広い会場全体に、できるだけ多くの写真を展示する予定です。
最終日には、誠光社の堀部さんと作家の藤野さんをお招きして、期間中に完成したエピソードについて、お酒を飲みながら色々とお話させていただこうと思っています。
また、ストリートビューで見つけたお気に入りの町のTシャツを勝手に作るシリーズ、その3作目も発売いたします。
今回は、カリフォルニアの人口2,000ほどの小さな町、ボロンをテーマに作成いたしました。
その他、郊外のショッピングセンターでの買い物にぴったりの、定番のsuburbトートバッグなども販売いたします。」
この展覧会は3箇所で開催されます。
    6/16(金)----6/30(金)   誠光社(京都)      http://www.seikosha-books.c
    7/7(金)----7/17(月)  READAN DEAT(広島)        http://readan-deat.com
ミミヤマミシンでの最終日8/4(金)には誠光社の堀部さん、作家の藤野可織さんを招いたトークイベントがあり、BARミシンもオープンします。(→BARミシンは7/29(土)の18:00から20:30に変更になりました)
和井内さんにいろいろ連れて行ってもらいましょう!

和井内洋介(わいないようすけ)
1979年宮崎生まれ。郊外好きが高じて、2011年からストリートビューでアメリカの郊外や小さな町を巡る旅を開始。好きな写真集はビル・オーウェンズの『サバービア』。好きなCDはアーケイド・ファイアの『ザ・サバーブス』。




2017-06-20

かわばたてびねり陶芸教室

6/22(木)はかわばたてびねり陶芸教室です。
(13:00から18:00まで)
梅雨に入ったというのに雨はちっとも降らずです。

参加費は1回4,000円です(土代と焼成費込み)
お問い合わせは
かわばたてびねり陶芸教室
Pete-821@docomo.ne.jp